スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2万km突破
- 2010/05/05(Wed) -
と言っても、2週間くらい前の話ですが。
納車1年と2週間ほどで、走行距離が2万kmを突破した次第。

なので、タイヤもまだ山があるとは言え、そろそろ交換時期かと思い色々と検討中だが、
何しろ純正で履いているのがポテンザなので、最低でもそのクラスのグリップ性能は確保したいところ。
加えて、アクセラはロードノイズの大きさが若干不満なので、その低減も重要課題。
そういう要素を鑑みて選んだ今のところの候補は、以下のとおり。

【TOYO PROXES T1R】
・トーヨーのハイグリップタイヤ。グリップはかなりいいらしい。
・スポーツタイヤでありながら静粛性もなかなかというインプレ多数。
・これでもかという攻撃的なデザインが良さげ。

【YOKOHAMA ADVAN Sport】
・高い高速走行性能が魅力。
・静粛性と乗り心地を高次元で両立させているらしい。
・価格の高さとライフの短さがネックか。

【BRIDGESTONE POTENZA S001】
・高次元のドライ&ウェットパフォーマンス。
・PROXESほどではないが、なかなかスポーティなデザイン。
・発売されたばかりなので価格が高い。


こんなところかなぁ。
個人的には、トーヨーを試してみたい気もするが、どうなんだろう…。
タイヤはクルマの性能に直結するパーツなのに、
実際に履いてある程度の距離を走ってみないとその真価が判らないのが痛いな…。
スポンサーサイト
この記事のURL | クルマ | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。