スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏が過ぎ 風あざみ だれのあこがれに さまよう
- 2005/09/05(Mon) -
まだまだ残暑が残っているけど、そろそろ夏が終わろうとしている。

正直、俺の中では夏と言うのは1年で一番ノスタルジーというか、
ワクワクする何かを感じる季節だったんだけど、
今年はそういうものが全くと言っていい程なかった。
就活とかに時間を割いていたというのもあるんだろうけど、
それを抜きにしても、ただ何となく過ぎて行ってしまった様な気がする。

昔は夏休みはプールや川に行ったり、
蝉を捕ったり祭りではしゃいだりして元気に走り回っていたが、
今ではダラダラとただ適当に過ごすだけ。
卒論の事、就職の事、その先の自分の将来の事。
考えたくなくても考えなくてはならない、現実。
昔の様に元気に走り回ろうとしても、
そういう考えが頭の中に浮かんできてしまって、結局走り出せない。
それこそ、元気に走っていたのに次第に疲れて、歩く事しか出来なってしまった様に。

せっかくの夏休みなのに、蝉捕りなんてもう何年もしてないし、
高校に入ってからは祭りにも行かなくなってしまった。
プールにはたまに行くが、川で遊ぶなんて事もない。

「楽しかった」と振り返られる様な想い出は今の俺の夏には殆ど存在しない。
「俺は何をしていたんだろう?」という自問が浮かんでくるだけ。

年を経るにつれ自由に使える時間はどんどん減っていき、
色々なものに縛られていく。

こうして人は、少年時代の心を失って、そしてあの頃を懐かしむのだろうか?
あの頃の想い出は、俺に何かを与えてくれただろうか?
これからの俺は、誰かに何かを与えていけるだろうか?


青空に残された 私の心は夏模様
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<海行かば 水漬く屍 | メイン | アンシャン・レジウムは崩れ落ちた権力均衡<パワーバランス>>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tyazuke.blog19.fc2.com/tb.php/10-8053c116
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。