スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
箱根駅伝・復路
- 2008/01/03(Thu) -
一言。感動した(挨拶

壮絶な展開だった。まさに大激戦だったと言っていいと思う。
特に3位以降は目まぐるしく順位が変わる凄まじい混戦っぷり。
スタートから一瞬たりとも目が離せない展開が続いたな。
やっぱり東海大の佐藤は凄かった。10区の内、3区が佐藤の記録ってどんだけだよwwwww

日大は阿久津が後半失速して、一時まさかのシード落ちかと心配したが、
笹谷がゴールギリギリで巻き返してくれた。
これで来年も我らが日大の旗が箱根に翻る!

しかし昨日の順大に続いて、大東と更に東海も棄権してしまう事になるとは思わなかった。
2校とも常連の強豪なのだが…。
特に東海は大手町のゴールに辿り着くことすら出来なかった。
思わず「あー…」って叫んでしまったよ。
だってさ、あとほんの少しだったんだぜ? いくらなんでもむご過ぎる。
また来年と言うが、今年で最後だった選手もいる訳で、そう考えるとそれがスポーツとはいえ本当に無情だよなぁ。

3校棄権というのは大会史上、最多であるらしい。
やはり、ほとんど無風状態で気温が高かった事が影響してるんだろうか…。
どんなに優秀な選手でも、当日の体調とか天候とかでその力を十分に発揮出来ずに脱落してしまう事も珍しくない。
当たり前だけど、そういう無情さというものを強く実感した2日間だった。

スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<つまりもうネタがない | メイン | 箱根駅伝・往路>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tyazuke.blog19.fc2.com/tb.php/164-c12188e2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。