スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏草の賦
- 2005/11/19(Sat) -
夏草の賦(司馬遼太郎) 文春文庫 \540(上下巻とも)


内容
(上)
英雄豪傑が各地に輩出し、互いに覇をきそいあった戦国の世、
四国土佐の片田舎に野望に燃えた若者がいた。その名は長曾我部元親。
わずか一郡の領主でしかなかった彼が、武力調略ないまぜて、
土佐一国を制するや、近隣諸国へなだれ込んだ。
四国を征服し、あわよくば京へ……が、そこでは織田信長が隆盛の時を迎えんとしていた。

(下)
もし、おれが僻地の土佐ではなく東海の地に生まれていたならば……長曾我部元親は嘆く。
強盛を誇った信長が斃れても、素早く跡を襲った豊臣秀吉によって、
営々と築きあげてきた四国に侵略の手が伸びてきた。
そして再び土佐一国に、押し込められようとしている―――。
土佐に興り、四国全土を席巻して中央を脅かした風雲児の生涯。


一度は四国を統一しながら、いまひとつ知名度が低い長宗我部元親(小説では「長曾我部」)。
この小説は、そんな彼の生涯を描いた歴史小説である。

自らを"臆病"と公言し、だからこそ事前に巡らせる周到な謀略。
長宗我部軍団の中核を成し、後に幕末維新志士の多くを輩出する
土佐郷士の元となった"一領具足"制度。
それらを駆使して四国の覇者へと上り詰めた彼の前途に待ち受けていたものは…。

一般的には半ば無名にも等しい人物かも知れないが、
しかしその面白さは他のメジャーな武将たちにも決して劣らない。
特に元親の許へ輿入れしてくる菜々という女性のじゃじゃ馬振りが、
物語をいっそう盛り上げてくれます(笑)
「四国? なんか地味そうじゃん」なんて言わずに、まずは是非ともご一読あれ。

個人的には大河ドラマでやって欲しい武将第1位なんだよなぁ。
俺、神奈川の人間なのに(ぁ
だからって別に後北条が嫌いって訳ではないよ。
念のため。
スポンサーサイト
この記事のURL | オススメの本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<HAEEEEEEEEEE | メイン | 収穫あり>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tyazuke.blog19.fc2.com/tb.php/28-66f5f2c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。