スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
満載
- 2005/12/12(Mon) -
最近、図書館で借りた資料やら、
あるいは自分で購入した資料やらがカバンに満載で非常に重い。
しかも、冬だからマフラーとか手袋も入れているので、余計にカバンがパンパンになる始末。
ものが入りきらなくなる事態を想定して、
手提げ袋なんかを1つ余計に持ち歩いていた方がいいのかも知れん。

ちなみにどうでもいい事だが、「満載」って船の用語だと、
艦船が予備品や消耗品を含めて必要なものを限界まで積み込んだ際の重量を表す言葉だったりする。
あと、たまにマスコミなんかでも勘違いしている人がいるけど、
「総トン数」と「排水量」は全く別物だよ。
総トン数ってのはあくまで容積の事で、主に商船に用い、
排水量は船の重量そのものを表して、軍艦なんかに使う言葉。
本当にどうでもいい事だけどな。

つー事で色々と資料をかき集めている訳であるが…。
ぶっちゃけ、コピー代がバカにならんわ。
必要投資だと思って諦めるしかないんだけどな。
それに見合った内容の卒論を仕上げないとね。

そういや、今日帰りの電車で少し変わった人がいた。
俺が新宿から乗った時からずっと乗っていたおっさんだったのだが、
何を思ったのか途中でロマンスカーに乗り換えていった。

何故か秦野で。

そりゃ、この急行は特急に抜かされる訳だから、
乗り換えた方が小田原には早く着くだろうけど、
ここまで来ちゃうとほとんど所要時間に差はないんじゃないかなぁ。

つーか、10分も変わらないと思う。

もう結構遅い時間だったが、特急料金を払ってでもその10分が惜しかったのだろうか?
よく判らんな。
まぁ、俺には関係ないっちゃないんだけどな。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<こういう日もある | メイン | 資料が足りねぇ>>
コメント
-第2鞄-
絶対あったほうがいいですよー。
何故なら「物が入りきらない」ならまだしも、「鞄が壊れる」とやばいからです。
実は過去2回、本の重さが原因でブチッ!!と。(1回目は高校、2回目はつい最近)
特にハードカバーは危険ですね。

「総トン数」と「排水量」のお話、面白かったです。
ちょっとずれますが、物の単位などをまとめた本がヒットしたそうですね。
それを読めばピラミッドも数えられるようになるとか。
2005/12/13 07:58  | URL | 旅果 #-[ 編集] |  ▲ top

--
なるほど、入りきらない以前にカバン自体が壊れるという事もあるんですな。
貴重なご助言有難うございました。
やはり予備の手提げ袋を持ち歩く事にします。

>「総トン数」と「排水量」のお話、面白かったです。
こんなマニアックな話をちゃんと読んでくださったとは感激です。
一口に排水量と言っても、船の状態によって色々と細かく呼び方が変わるので、
興味があったら調べてみて下さい。

物の単位をまとめた本なんか出ていたのですか。
ちょっと興味ありますな。
とりあえず自分としては、イカを「杯」と数えるのは未だに納得がいかないです(ぁ
2005/12/15 00:50  | URL | お茶 #-[ 編集] |  ▲ top

-イカの単位が「杯」の理由-
お茶碗に盛ったご飯は、「一杯」と数えますね。
イカは、ご飯を詰めて「イカ飯」をつくりますね。
この二つを併せて考えると、はい、イカが「杯」という気がしてきます!


……ごめんなさい、嘘です。
正しくは、「イカ等の軟体動物は貝の仲間ということにされるので、貝の音読み『バイ』が転じて『杯』の字がつかわれるようになった」だそうです。ネットで調べましたー。
2005/12/16 00:42  | URL | 旅果 #-[ 編集] |  ▲ top

--
なんと、貝の数え方から派生したものだったのですか。
調べてくださって有難うございました。
つーか、本来なら俺が調べるべき事だろーががが。
やはり気になったその時にすぐ調べないと、
ずるずると結局そのままにしてしまいますね。悪い癖だ。

でも、やっぱりどこかで納得していない俺ガイル。
2005/12/18 21:43  | URL | お茶 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tyazuke.blog19.fc2.com/tb.php/41-2308ab06
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。